読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I'm in heaven

ヅカヲタな二十代会社員の日々

もうすぐに憎みだす人生を/エリザベート-愛と死の輪舞- 1

1とかつけちゃったりしてますけど、2が出てくるかは不明です笑

 

私の初エリザは東宝のお花さまシシィ+城田トートでした。誰にとっても初エリザは大きいものだと思います。伝説と言われているお花さまシシィを見られたこと、本当にラッキーでした。お花さまシシィについてもいつか語れたらと思います。

 

 

しかし今回初ヅカエリザが宙組で本当に良かったと思っています。

はじめてエリザベートをミュージカルではなく、お芝居として見ることができました。

総じて演者のレベルが高かったこと、あの歌はちゃんと歌えるのかなという不安がないというだけでここまで物語に埋没できるものかと、観劇後にただただ喜びが湧き上がってきました。

 

海外ミュージカルを上演する際に、楽曲やセリフが有名であるが故に今回は前回と比べてどうなのか、初演と呼ばれるものと比較されがちです。

 

何でも二番煎じ、三番煎じ(もちろん再演は煎じ、ではありませんが)は比べられる運命を背負っています。演出が大々的に変われば別かもしれませんが、ヅカエリザは初演から一貫して小池先生が演出をされているので、細かい変更点はあるかもしれませんが、あくまでマイナーチェンジでしかありません。

 

しかし今回は「演出」として小柳先生が入られました。

そのことによってタイトルでありながらトートに食われ気味だったシシィに少しだけ主導権が移ったような気がするのです。

 

とくにそれを感じたのが

「私が踊る時」のナンバー。

 

トートはシシィに何度も人生の虚しさを語り、彼女もそれに絆されかかることが多々ありました。

しかし、シシィはこのシーンで明らかに主導権を握っています。

みりおんから溢れ出る気品、圧倒的な歌唱力がそうさせているのだと思うのですが

トートに対して対等に、あくまで冷静に対応しているのです。

 

誰にも愛されない人生は虚しい、人生は憎むべきものだと語るトートに、

ひとりでも愛し始めたの人生を、

とシシィは答えました。

 

シシィを現世につなぎとめるものはいくつかあります。

夫であるフランツ、最愛の息子ルドルフ、勝たなければならない姑ゾフィー、そして、自由。

彼女は自由を求めて生きているのです。

 

フランツと愛し合う自由、ルドルフと親子として接し合う自由、王妃である前にひとりの人間として生きる自由。

 

その自由は果たして生のうちあるのでしょうか。

 

トートに言わせれば否、自分を愛すること、死こそ自由、なのでしょう。現にトートは何にも束縛されてはいないのですから。

 

しかしシシィは現世に自由を見出そうともがき続けるのです。

夫に裏切られようと、息子が自ら命を絶とうと、狂ってしまった方が楽になれると知っていても。

 

彼女はずっと、自分の魂が自由になる場所を求めているのです。

 

最終的にシシィは自由を勝ち取ることより解放を選んだのではないかと思います。

魂の自由ではなく、魂の解放を。

 

私が好きな小説に人生とは何か、という問いが出てくるものがあります。

 

人生とは、もがき続けること、求め続けること、そんなことをしているうちに終わるのがいちばん良い人生なのではないか。

まさにシシィの人生は、もがき続け、求め続ける人生でした。

 

終わってみればそれがいちばん良い人生なのではないか、とも思います。

 

さて、もう少しだけぼんやりした話をします笑

 

今回、タイトルの副題「愛と死の輪舞」

について思うことがありました。

 

死=トートであることは間違いないのですが

愛はトートとシシィの間の愛かと思うとちょっと違和感があって

愛=シシィなのではないかと思います。

彼女は愛の象徴なのではないか。

 

フランツ、ルドルフ、トート、

彼らは皆、シシィの愛を求めています。

 

皇帝の孤独を安らげてくれる唯一の存在である王妃エリザベート

自分の気持ちを唯一理解してくれる母エリザベート

死という存在である自分が唯一愛した人間エリザベート

 

エリザベートの愛は最終的に誰のものにもなっていないような気がしています。

 

愛と死はやはり交わることはない。ただし、愛と死は二人きりで踊るのです。お互いがお互いを相手として選び、踊るのです。

 

最後のデュエットダンス。くっついているようで離れている、ベタベタしすぎないダンスがそんな気にさせてくれました。そして抜群にカッコいい。

 

私の中でエリザベートが新たな音を奏で始めた瞬間でした。

 

 

 

 

 

あなたを、尊敬致しております/桜華に舞え-SAMURAI the Final-

一足先に観劇した妹から絶対に泣くからと言われていたのですが、

まさかの最初のカゲコが流れた瞬間ぐっときて涙ぐむ私。涙腺弱すぎか!

 

みちふうラストデイ、映画館から見させていただきました。

 

みちふうが公式発表されたとき、私と妹は夢って叶うんだね、と言い合いました。

当時みっ様の星組降臨論はまことしやかに流れていたのですが、風ちゃんは役付き的にもトップ娘役確定とは言えなくて、でも、私たち姉妹としては夢よ、もう一度!の気分でした。

 

そうしてみちふうが星組トップとなり、月日が流れて昨日、二人はとても晴れやかな表情で卒業していきました。

 

サヨナラではあるけれども、それ以上のものが桜華にはありました。

 

ひとつの時代を駆け抜けるように生きていったサムライと、彼らを取り巻く人々。熱い、熱い1時間半でした。

 

むやみやたらに叫んでがなっているわけではありません。思いを伝えたい、彼を止めたい、死なせたくない、幸せになって欲しい、争いたくない。あらゆる思いがそこにはありました。

 

薩摩訛りも最初はおお、と思いましたがわかるとかわからないを超えて訴えかけてくるものがありました。

正直、星組でこんなお芝居を見られるとは思っていませんでした。

まさに熱演。

とくに利秋、隼太郎の関係性はトップと二番手でしかなし得ないような、熱く、切なく、そして優しく。

 

個の力というよりは集としての力を感じました。星組でははじめてかも。

 

北翔海莉@桐野利秋

本人曰く、生まれてくる時代を間違えてしまった最後のサムライ。サムライザファイナル。

卓越した剣術と(歴史マニアの父曰く薩摩には肉を切らせて骨を断つ流派があるらしい)まっすぐな心、そして義を重んじる忠義を持ち合わせた、みっ様の鏡のやうな役でした。

西郷先生をひたすらに慕う心、吹優に真実を明かしてしまう素直さ、隼太郎との友情を決して、決して忘れない漢気。

どこを切り取っても涙が出てくる。

とくに薩摩に戻ったあとに銀橋で母親と言葉を交わす場面。利秋ははじめて苦しそうな顔をしました。彼は大切な人のために嘘をつく。嘘は突き通すけれど、素直だから顔に出てしまう。

吹優と勉強するシーンでもそうでした。

彼は確かに政治には向かない人だったのかもしれません。素直すぎて。

 

みっ様の声はスカーッと劇場に響きます。それでいてふわりと鼓膜を包み込むように余韻を残します。

 

いつも、ジェンヌさんが退団されるとき、死ぬわけではないし、もう見ることができなくなるわけではないのに悲しくなるのはなんでだろう、と考えるのですが

今回は

あぁ、この声を、こういう風に聞けるのは最後なんだなぁ、と思うだけで

ポロポロ涙が出てきました。

 

大谷吹優@妃海風

ポスターで薙刀を持つ風ちゃんを見てから、ガンガン戦う役なのかなぁと思っていたら、看護婦さんでした。

 

風ちゃんといえば、クセのあるヒロイン、と思っていた時期がありました。

それがトップになってから

正にヒロイン、という役を重ねて、風ちゃんてこんなにキラキラしてるんだ、ほわわぁ…と毎回発見ばかりでした。

 

吹優と利秋のほんの一時の安らぎ、その後から畳み掛けるように始まる戦。しかし吹優はその激しさに流されるだけのヒロインではありませんでした。

 

利秋に真実を告げられ、動揺してしまった自分。

謝らなければならない、と彼女は言いました。なんという男前。なんというかっこよさ。

 

ただの守られるヒロインでは終わらせない、風ちゃんはこうでないと!を叶えてくれたサイトー先生ほんとにありがとうございます。

 

ラスト、利秋の母親との邂逅の場面。じわり、じわりと涙がこみ上げてきました。風ちゃんの落ち着いた、それでいて慈愛に満ちた声。風ちゃんはここまで来たのだ、わずか一年半のあいだに。嬉しくて、でも寂しかった。

 

みちふうに共通して言えるのは

歌とセリフの境目がほとんどない、ということです。歌に感情が乗っていて、終わった後に歌というよりセリフとして残っていることが多いです。

 

衣波隼太郎@紅ゆずる

まさかみちふうラストでリーダーにこんなに泣かされるとは……!!!

陰のある役が合う、と以前書きましたがまさかこんな難しい役を演じ切ってしまうとは、驚きです。

 

もちろん、利秋との場面も大好きですが、いちばんはやはり故郷に帰って姉、甥っ子、そして元恋人に拒絶される場面。

 

タカ@はるこちゃんもいつの間にこんなしっかりした娘役さんになっていたのだろう。風共全ツでメラニーを演じたときに、あ、もうかわいいだけじゃなくなったんだ…と感じたのですが、

今回はさらにそれを強く感じました。もちろんかわいいヒロインもまだまだいけますけどね!!

 

家族や元恋人に拒否され、帰ることになった隼太郎が差し出したお土産入りのトランク。

それさえ受け取ってくれたなら見ていた側はこんな気持ちになることはないのだろうと思うのですが、さすがに徹底しています。

バンッ、と舞台後方に飛んでいったトランクがタカの覚悟を弟に言葉以上の残酷さを持って伝えたのです。

隼太郎の表情がもう、言葉にできないほどに、辛い。悲しいというよりは辛い。

 

きっと、リーダーならこの先どんな役でも見事に演じ抜ける。そう信じさせてくれました。

 

そして忘れてはならないのが西郷隆盛@美城れん

大河ドラマも控えた大役ですが力むこともなく、ただ、その役を全うしていました。おおらかで、理知的で、見かけだけではない役作りでした。また、ひとりの素晴らしい役者が宝塚を去っていくのだとひしひしと感じました。

 

千秋楽の翌日、

星組スカピン先行画像が公開されました。

力強いリーダーの眼差し。

 

新しい星が輝き始めました。

 

どんなトップになるのか楽しみで仕方がありません。