読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I'm in heaven

ヅカヲタな二十代会社員の日々

たとえるならば、ダイヤモンドのような/実咲凜音という娘役

 

Deux Princesses―Reika Manaki & Rion Misak (タカラヅカMOOK)

Deux Princesses―Reika Manaki & Rion Misak (タカラヅカMOOK)

 

 

王妃の館ビバフェスのムラ楽が終わり、

怒涛の発表が続き(雪中堅スターの大量退団、だいきほ発表、まあ様退団)

精神が擦り切れそうな日々が続いていますが

みなさんいかがおすごしですか。

 

私は元気です。諦めかけていた東宝のチケットがなんとか確保できたからでしょうか。もうライビュしかないと思っていたので。今度こそ本当にデュエットダンスで泣くんじゃないかしらわたし。

 

以前紅リーダーに関して書いたのと同じく、みりおんの記事をあげてみようかと思います。

 

みりおんの作品でいちばん回数見たのは間違いなくファントム新人公演です(王家とエリザベートも相当見ているけど)。

 

エリザベートと同じく「歌」が物語を成立させる重要なファクターであるファントム。

ファントム役のまゆぽん、キャリエール役のいまっち、そしてクリスティーヌ役のみりおん、さらにはカルロッタ役のゆきちゃん。

本公演に見劣りしない、あるいは聞き劣りしない素晴らしい新人公演でした。

とくにクリスティーヌは物語中で「成長」を求められます。ファントムの声に導かれ、か細い声から美しい高音へとかわる一連の流れは何度見てもぞくぞくっとします。

みりおんの高音は気持ちのいい鐘のようだと思います。時を告げる荘厳な鐘。

他の誰とも違う歌声です。

トップ就任〜中期にかけてはそれこそ鐘を鳴らすように気持ち良く響いていた歌声が中期〜後期にかけては微妙な揺らぎを伴うようになり(感情がのるようになったのだと思います)現在では歌で物語を紡いでしまうような素晴らしさがあります。

おそらく今、カナリアを、ファントムを、銀英伝を歌ったらまた違うものになるでしょう。

 

みりおんにお芝居でハッとさせられたのは

カナリア、風共、エリザですかね。

カナリアは言わずもがなヒロインらしくないヒロイン、いわば裏主人公のアジャーニをナウオンのときはおどおどとえりたんの隣にいたとは思えない思い切りの良さで演じ切っていました。

別名トップ娘役の不遇笑、風共のメラニーはしかし、娘役を成長させてくれると思っています。星組のはるこメラニーを見たときも儚くも揺るがない聖母感、バトラーを慰め、スカーレットに微笑みかけ、ベルの手を優しくとる優しさにお嫁に欲しいと本気で思いましたまがお。

みりおんメラニーを見たときもあぁ、この人は役に埋もれない人なんだな、としみじみ思いました。バトラー船長に優しくしてあげてね、のシーンでは泣くと思った。本気で。

そしてエリザ。

私の期待値を、そんなんじゃ帰さないよ、ぺっ、て投げ捨てるくらいの素晴らしさで迎えてくれました。

幼いシシィのおてんばな姿から、私だけにで剣を手に自由を求め続けると誓った姿。時折見せる弱ささえも気高く、私の中では間違いなく歴代一位のみりおんシシィ。私が踊る時のまあ様トートを圧倒するかのような歌唱。魂の自由での揺らぎから夜のボートでの戦いに疲弊しながらも失わない意志の強さ。

まあトートの胸に飛び込んでいったとき素直によかったね、と思えたみりおんシシィ。

 

私のヅカ歴がみりおんの就任に間に合ってよかった…。

 

みりおんが走りきるその日まで、

こっそりこっそり応援し続けます。