I'm in heaven

ヅカヲタな二十代会社員の日々

みんなはみんなのために/All for One

毎回のことながら千秋楽ライビュ。

 

事前に観劇した妹より伝達。

 

たまきさんの壁ドンで地球揺れる。

みやちゃんに惚れるしかない。

 

実に的を得た伝達だったことを最初にご報告しておきます笑

 

 

それにしてもなんなのでしょう、PUCKの観劇後にも似た清々しくも満たされたこの感覚。

いろんなタイプのお話があって、ショーがあって、終わったあとに胸に残る感覚は様々。たとえば、邪馬台国ならちょっとモヤッ笑でもSanteのあとには適度な疲労感。今回のAfoのあとには清々しい感覚が残りました。

 

イケコ、ショーパートの衣装が最近センスいいですよね。

トップと番手付きの衣装格差がさり気なくていい。スパンコールの多少というのが定番ですが、今回はたまきさんのパンツだけ黒でした。

同じイケコ作品では個人的には銀英伝のフィナーレナンバーがすごく好きで、今回ふとそれを思い出しました。デュエットダンスのお衣装のシンプルさもさることながら二人のふわりと上がる手足がとても映えていたと思います。

 

ダルタニアン@たまきさん

お衣装の着こなし力がアップ。片膝をついて跪くのは宝塚にはありがちな姿勢なのですが、実はすごく難しい。デニム調のお衣装はもちろん、洋風の衣装はやはり胸板が大きな武器になりますね。

千秋楽なこともあってやや喉の調子が悪いかなと思いましたが中盤から盛り返してきました。言葉のいらない求心力に、この公演期間中に身につけたのであろうコメディセンスと、着実にステップアップしてます。

ショースターとしての力をもっと見たいと思っているので全ツが楽しみです。

 

ルイ@ちゃぴちゃん

この公演のMVPは間違いなくちゃぴちゃん。円熟期を迎える彼女が見せた新たな顔とフレッシュさからますます目が離せません。

だって私、女の子だもの!とあんなに堂々と舞台のまんなかで言えるのちゃぴちゃんだけよ…男役のお衣装を身につけた時の華奢さが絶妙なんですよね。

最初にお城を抜け出す時のジャンプ。あのお衣装であの身体能力。

ところどころのオーバーリアクションのさじ加減が絶妙でした。それでいて健気で一途なルイーズとしての一面に思わず胸がきゅんと。

フィナーレの出番は少なかったですが、デュエットダンスで伸びやかに踊るちゃぴちゃんを見ているとほこほこしました。

 

 

 アラミス@みやちゃん

ああ、罪深き色男…。

みやちゃんは役者ですねえ…

最初の場面だけでみやちゃんのこと好きになるからと妹に言われていたのですが(いや、もう見る前から好きだから。ずっと好きだから)直角度で落ちる私…

特技流し目ビームって言ってた頃が懐かしい…ビームどころじゃないよ、劇場中負傷者だらけだよ、みやちゃん。

神父という禁欲的な職業を最大限に活かした懺悔室。ノリノリでキャーキャーな娘役さんたちの熱演にみやちゃんノリノリ。

イケコの一本物でみやちゃんがフィナーレせり上がり…ああ打ってるだけで涙出てくる。ゆうひさんコースなのでしょうか。これだからヅカヲタやめらんねえな

 

 

モンパンシェ公爵夫人@コマさん

コマさんの退団発表は寝耳に水でした。雪組さんも出るのかー、大忙しだなー、とぽやぽや思っていた矢先の出来事。

コマさんの専科入りの日は奇しくも私の誕生日、そんなところにも勝手に運命を感じて勝手に注目しておりました。なんなら二年前のコマさんのポスターカレンダー未だにポスター扱いで部屋に飾ってるんで!!!!

PUCKの時と同じくちゃぴちゃんのいとこにして、やはり空回り系美女。彼女は大真面目に生きてる。そこがくすっとさせてくれます。

ラスト公演、なんとか見に行きたいものです。

 

次はハンナのお花屋さん、ライビュの予定です。